借金が理由で離婚することも可能、債務整理について知ることが大事

難解な法律関連の問題は専門家に相談しよう

弁護士に相談

離婚の手続きはなかなか上手くいかないことも多いです。その時には弁護士に相談するとよいでしょう。自分と相性の良い弁護士を見つけることで、離婚相談の時に最善の解決策が見つかります。

Read More

公正証書の作成

浮気が原因で離婚する場合もあります。その時には離婚時に慰謝料を取ることが多いです。しかし慰謝料を踏み倒すケースも多いので、最近では「公正証書」を利用する事が多いです。弁護士に依頼して作成してもらいましょう。

Read More

費用について

離婚相談を行う際にも費用がかかります。まずは無料相談出来る場所を探してみるとよいでしょう。離婚が成立した後も相談出来るような法律事務所だと更に安心することができます。

Read More

交通事故の慰謝料

交通事故によって後遺障害ができてしまった場合も慰謝料が請求できます。医学的に後遺障害だと判断された時、交通事故の被害にあった人の金銭的負担を少し軽減することが出来るのです。

Read More

債務整理とは

過払い金を熊本エリアで相談するならこちらの司法書士事務所がオススメです。実績豊富なので安心してお任せする事が出来ますね。

借金で夫婦関係を終わらせることができる

離婚相談をするときには、夫婦関係を終了させるための理由が必要なのでしょうか。 実は、法的な理由はそれほど重要ではありません。 離婚は、お互いが納得をして離婚する意思があれば離婚届を提出することによって実現できます。 そのため、借金を背負いすぎたことによって夫婦関係を終わらせることもできるのです。 実際、借金を背負いすぎると債務整理という法的手段を利用しなくてはいけなくなります。 債務整理を利用すれば抱えている借金を処理できますが、そのかわりに官報や信用情報にその事実が掲載されることになるのです。 そのため、借金を抱えている配偶者が片方だけの場合は離婚相談によって夫婦関係を終了させたほうがお互いのために良いこともあるのです。

保証人ではない限り不利は受けない

夫婦の片方が借金をしている場合には、もう片方の配偶者が保証人になっていない限り不利を被ることは絶対にありません。 これは、離婚相談の後であっても変わりないのです。 ただし、債務整理で離婚相談をしたとしても慰謝料などのお金は請求できないと理解しておかなくてはいけません。 慰謝料などの請求は、配偶者に金銭的な余裕が存在する場合に請求できるものです。 基本的に、離婚による相手に対する賠償は相手の所得に応じてその金額が変わる傾向にあります。 そのため、債務整理によって最初から預貯金が存在しないことがわかっている場合には賠償を請求できません。 債務整理の離婚では、どのようなケースであってもこのような基準で判断するため知っておきましょう。

気軽に相談ができます。債務整理の相談を行なう時は、どんな時でも強い味方となってくれる専門家を見つけるようにしましょう。

夢や目標がある時は、専門家のアドバイスをもらうようにしましょう。福岡で起業をするなら、ココに相談しましょう。

決算申告などの相談も可能です。新宿の税理士に依頼して節税対策を行ないましょう。頼りになる存在がコチラです。

無料相談ができる

債務整理を行う際には費用が多少掛かってしまいます。そのために相談料が無料の場所を利用するとよいでしょう。弁護士会や法テラス以外にも無料相談するところは存在しますので、自分が利用出来そうな場所を探しましょう。

Read More