借金が理由で離婚することも可能、債務整理について知ることが大事

難解な法律関連の問題は専門家に相談しよう

公正証書の作成

公正証書を作成しておくケースが増えてきています

 配偶者の浮気が原因で離婚せざるを得ない状況に追い詰められてしまった場合には、その原因を作った配偶者から慰謝料を取ることができます。この慰謝料は、有責配偶者からだけでなく、浮気相手からも取ることができますが、二重取りのようなことは認められていません。二重取りの意味がよくわからないという人がたくさんいますが、要するに浮気によって被った損害を補償するに足りる金額を上限として、2人から慰謝料を取ることができるということです。有責配偶者が浮気相手との再婚を望んでいるケースが多いため、離婚する際には、要求通りの慰謝料の支払いに応じる約束をする配偶者が少なくありません。しかし、その支払いを踏み倒す配偶者が実際にたくさんいます。そのため、最近では、慰謝料についての取り決めを公正証書にしておくケースが増えています。公正証書にしておけば、一方的な支払い拒否を回避できるようになります。

公正証書の作成を希望している場合には

 離婚合意書を公正証書にしておきたいと考えても、具体的にどうすればよいのかさっぱりわからないという人が大半です。普段の生活の中で公正証書を作成することなどまずありませんから、やり方がわからないのが当然です。そのような時には、離婚問題を専門に取り扱っている弁護士に頼むようにするのが得策です。弁護士に頼めば、短期間ですぐに公正証書を作ってもらうことができます。公正証書を作成するためには公証役場へ足を運ぶ必要がありますが、弁護士が依頼者に代わって全ての手続きを行ってくれますので、依頼者自身が公証役場へ出向く必要はありません。また、現実的なことを考えると、別れることになった配偶者の顔を見たくないという人がたくさんいますが、相手方配偶者との打ち合わせも全て弁護士がやってくれますので、直接顔を合わせる必要がなくなります。